クレジットカードを利用していて、困った事態が起きたときにどうすればいいのかを覚えておきましょう。

・第3者により不正利用された場合

カードの利用明細書を見て、自分で利用した記憶のない請求が掲載されている場合は、自分のクレジットカードが第3者によって不正利用されている可能性が高いです。もちろん、自身で実際に利用した分を忘れないように、カードの利用控えなど保管しておく必要はあります。その上で、身に覚えのない利用明細を見つけたときには、直ちにカード会社に連絡しましょう。
カード会社では、商品購入後定められた期間内であれば、不正利用された場合の被害を補償してくれる制度もあります。実際の被害の例では、金額的に少額の不正利用を繰り返されており、利用者が長期間気づかなかったというケースもあるようです。自分で気付かなければ、不正利用された分の代金も支払ってしまうことになりますので、利用明細のチェックは欠かさないようにしましょう。

・クレジットカードの盗難や紛失してしまった場合

クレジットカードは、金銭と同等の価値のあるものですから、その保管や管理には細心の注意が必要です。万一、カードを盗まれた、または、失くしてしまったというような場合には、できるだけ早くカード会社に連絡し、そのカードの利用停止処理をしてもらいましょう。 放置したままにしておくと、あなたのカードが知らないところで使われてしまう可能性が大きいです。
そして、盗難だけでなく、紛失した場合でも警察に届け出ておきましょう。もし、カードをどこかに置き忘れたり、落としていたりした場合、拾得した人が警察に届けてくれる可能性もあるからです。