クレジットカードの不正利用や盗難などの被害にあったときには、カード会社の保険や補償制度があります。もしもの時のために、補償内容や手続きなどを覚えておきましょう。

・被害にあったときの補償内容

各カード会社によって、トラブル時の保険や補償内容は違います。一般的には、例えばカードの個人情報漏洩や盗難、紛失により、不正利用される被害にあった場合、届け出た日から一定期間をさかのぼって補償してくれるようになっています。この一定期間は、60~90日前までに設定しているところが多いようです。
カード会社が定めた期間外は補償の対象にはなりません。利用明細書をチェックしないまま、長期間不正利用に気付かなかったという被害者もいますので、必ず、自分でカードの利用明細書をチェックして、身に覚えのない明細があり、不正利用されていることに気付いた時は、すぐにカード会社に届け出ましょう。これを怠ると、払う必要のない分まで払わなければいけなくなってしまいます。

・被害時の届け出の方法

被害にあった時は、利用しているカード会社と警察への届け出が必要ですが、まず、カード会社に連絡しましょう。
各カード会社には、24時間年中無休で盗難や紛失時の緊急連絡先があります。カードの発行時に、郵送で届く書類の中に緊急連絡先の案内が記載されています。 万一の時のために、連絡先の控えを取り、すぐに連絡できるようにいつも携行しましょう。
カード会社に連絡すると、不正利用を防ぐために、すぐにカードの利用停止をしてくれます。 そして、警察への届け出についても指示がありますので、それに従います。