クレジットカードには、買い物好きな人だけでなく、旅行好きな人にとっても便利で重宝するサービスが提供されています。そのうちの一つに、国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険があります。旅行好きな人の中には、クレジットカードを利用していなくても、この旅行傷害保険が付帯されているからカード会員になっている人も多いといわれています。それ位重要なサービスなのです。

・国内旅行傷害保険

国内旅行中に、万一事故にあってしまった時などに補償してくれる保険です。クレジットカードにこの保険が付帯されていれば、保険料を支払わなくても自動的に適用されます。

・海外旅行傷害保険

海外旅行中の病気や事故、アクシデントに遭遇した時に、国内旅行傷害保険より幅広い範囲で補償してくれる保険で、この保険は、海外旅行や海外留学する人にとっては非常に重要で欠かせない保険です。
何故なら、海外で病気や疾病にかかり治療が必要になった場合、その治療費は保険がないととんでもなく高額になってしまうからです。例えば、盲腸で手術した場合にかかる費用は、欧米で100~200万円、アジアでも20~90万円、入院を必要としない怪我の治療だけでも数十万円請求されることもあるぐらい費用がかかってしまうのです。
治療費以外にも、車などで誰かにケガをさせてしまった場合や、高級品を扱っているお店で、誤って展示品を落としたりして壊してしまった場合にも補償されます。
海外に行く人には、必須の保険といえるわけです。

クレジットカードにより、国内・海外旅行両方の保険が付帯されているもの、どちらか片方だけが付帯されているもの、また、条件により付帯されるものがあります。
学生クレジットカードにも、この保険が付帯されているものが多いですから、旅行をよくする人は、旅行傷害保険が付いているかいないかでカードを選んでもいいでしょう。