クレジットカードには、海外旅行傷害保険が付帯されているもの、条件を満たせば付帯されるもの、そして付帯されていないものがあります。
海外旅行に行く人や、海外留学する人は、自分のクレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯されているかどうかを必ず確認しましょう。

・自動付帯されているカード

カード発行時に、最初から海外旅行傷害保険が付帯されているカードです。学生クレジットカードにも、この保険が付帯されているものが多くあります。
付帯されていれば、海外でアクシデントや病気になった場合でも保険が適用されますので安心です。

・条件付で付帯されるカード

カード会社が定めた条件を満たせば、海外旅行傷害保険が付帯されるようになっているカードで、その条件は各カード会社によって内容が異なります。
もし、自分のカードがこのタイプなら、海外に行く時には条件を満たすようにして保険が付帯されるようにしましょう。海外旅行なら、その代金をカードで支払えば保険が付帯される、また、補償内容もアップされるなどの条件のところもあるようです。

・付帯されていないカード

カードに保険が付帯されていない人で、海外に行く予定がある人は、自分で海外旅行保険に加入しなければいけません。手続きも面倒で、費用も数千円以上かかります。 海外に行く回数にもよりますが、可能であれば、保険が付帯されているクレジットカードを作成してしまった方がお得です。

海外に行く時に必須の海外旅行保険は、個別に自分で加入するとなると手続きも面倒ですし、海外に行く都度加入しなければいけません。当然、費用も毎回かかってしまいます。 クレジットカードには、その保険が付帯されているものが多く、保険料を支払わなくてもすみます。海外によく行く人やこれから行くつもりの人は、この保険が付帯されているクレジットカードを利用した方が絶対にお得です。