自分のクレジットカードには、海外旅行傷害保険が付帯されているから大丈夫、海外で何かあっても安心だと思うのは補償内容を確認してからにしましょう。保険が付帯されていても、その内容にかなりの差があるからです。では、どういう補償内容ならいいのかをご説明しておきましょう。

・傷害、疾病治療費用

補償内容で重視したいのが、病気や疾病、ケガなどで治療が必要になった時に補償される傷害、疾病治療費用の補償額です。海外に行って、国内との時差や気温差、環境の大きな違いで体調を崩してしまうことはよくあることです。そんな時に、保険無しで病院で治療を受けると治療費がとんでもなく高くかかってしまいます。
海外旅行傷害保険の傷害、疾病治療費用の補償額が大きければ大きいほど安心といえるでしょう。
補償額は、各カード会社で設定金額に違いがあり、学生クレジットカードの場合、50~200万円の間に設定しているところが多いです。最低でも100万円以上に設定されているカードを利用した方が賢明です。また、まれに海外旅行傷害保険が付帯されていても、この疾病治療費用が補償されていないカードもありますので、自分のカードの保険の内容がどうなっているのか調べておきましょう。

海外では、日本の健康保険は使用できません。保険外ですから、入院を必要としないケガの治療だけでも、数十万円の治療費がかかるぐらい高額になってしまいます。海外で病気やケガをした時に、費用が払えないから治療が受けられないような事態になるのを防ぐために、事前に補償内容をよく確認しておきましょう。