クレジットカード利用時の支払いは、銀行口座からの自動引落になります。既に、銀行に預金口座を開設している人は、その銀行が発行しているクレジットカードを申し込むのが、カード発行までの時間も早く、支払時の利便性を考えても一番の得策といえるでしょう。

・カード発行までの時間が早い

例えば、急に旅行に行くことになったとか、どうしても今のうちに買っておきたいけどスグに現金で買うのはきつく、来月なら買えるのになあ・・・というような場合、クレジットカードがあればとても便利ですが、カードを発行して利用できるまでの時間もかかります。
急いでカードが欲しい時には、既に口座を開設している銀行のクレジットカードに申し込めば、最短の日数で発行されます。銀行口座を持っていない場合、口座開設にまず時間がかかり、キャッシュカードが手元に届くまで、早くても1週間程度はかかります。口座開設と同時に、カードの申し込みをしても同じぐらいの日数がかかってしまいます。
これが、既に口座のある銀行のカードは、早ければ2~3日で発行できるところもあります。急ぎの場合は、既に利用している銀行のカードをまず申し込みましょう。

・支払口座を新たに開設する必要がない

普段利用している銀行系列と違う系列のクレジットカードを申し込んだ場合、支払い口座に新たに別の銀行口座を開設しなければならない場合があります。
別の銀行口座を管理し、支払いの管理も必要になってきますから、はじめてクレジットカードを作る場合は、普段利用している銀行系列のカードにした方が、支払いの管理面で便利です。

はじめてカードを作る時や、急いで必要な時は、普段利用している銀行系列のクレジットカードを申し込んだ方がいいでしょう。