ネットショッピングは、時間に関係なく欲しい商品を購入することができますから利用者も増大していく一方で、大変人気があります。ほとんどのところで、クレジットカード決済ができるのも便利ですが、カードの個人情報漏洩を防ぐために、セキュリティに注意をはらう必要があります。

・フィッシングサイトに注意!

Webサイトには、クレジットカードの個人情報である、カード番号や暗証番号を盗もうとするフィッシングサイトと呼ばれるものが存在します。第3者による不正利用などの被害にあわないために、ネットでクレジットカードを利用する時は、安全なサイトかどうか細心の注意をしなければなりません。
ネットショッピング時にセキュリティを高めるには、セキュリティソフトを使用する端末にインストールして使用しましょう。セキュリティソフトを使用していれば、危険なサイトに対しては警告のメッセージを出してくれますし、パソコンなどがウィルスに感染した場合も除去できるケースが多いです。
少し前にニュースになっていましたが、ウィルスに感染したパソコンで銀行のWebサイトにアクセスすると、公式サイトが表示された後すぐに別のサイトが表示され、そこで口座番号や暗証番号を入力するよう誘導し、情報を盗み取ろうとする悪質なサイトも存在します。そのような被害にあわないためにも、セキュリティソフトは必須です。

・ネットでのクレジットカード決済はSSLで!

SSLとは、入力されたカード番号や氏名などの個人情報を暗号化して安全に送受信することができる技術のことです。この、SSLで保護されているサイトのURLは、「https://~」になっています。
ネット上でカードを利用する時は、SSLで保護されているかどうかを確認してからにしましょう。