クレジットカードには、簡単に悪用される情報が記載されています。
日本は、世界的に見ても治安や安全性が非常に高い国として有名ですので、クレジットカードの情報が狙われるといっても、お店で買い物をした際にカード情報が盗まれることはまずないといえるでしょう。
ですが、海外は日本のように安全な国ばかりではありません。カード情報を盗むことを常としているお店も存在しているようですので注意しなくてはいけません。

・盗まれると危険なカード情報とは

クレジットカード情報で危険なのがカード番号、氏名、有効期限、そしてカードのセキュリティコードです。セキュリティコードはカードの署名欄に記載されている数字の末尾3桁の数字です。
これらが全て盗まれると、ネットなどで不正利用される危険性が高まります。昔はカードデータをコピーし、データを別のカードに書き込み使用するという手口が横行しました。ですが、現在ではICチップがカードに使われるようになり、この手口は使えなくなりました。現在では上記のカード番号、氏名、有効期限、セキュリティコードを入手して、ネットで買い物をするケースが増えているようです。
これらの情報をメモするなどの行為がある場合には、気をつけた方が良いでしょう。

・怪しげな店には近づかないこと

一般的なお店では危険性は低いですが、海外の、特に怪しげなお店ではカードを使うことは控えた方が良いかもしれません。そのようなお店で買い物をする際には現金を使うべきでしょう。また、一番良いのは、そのようなお店に近づかないことです。

・カード明細のチェックは忘れずに

日本国内でクレジットカードを使用した際も勿論ですが、特に海外で使用した際には、必ず利用明細のチェックを忘れないようにしましょう。
これをしないと、不正利用されたことの発見が遅れるだけでなく、不正利用の分まで自身で支払うことになりかねませんので、注意が必要です。