クレジットカードを利用する時には、現金払いと違ってスグに代金を支払うわけではありません。後日カード会社の定めた期日に支払います。商品を購入したりサービスを利用する時には、その利用代金を実際に支払う期日と支払い方法による金額を考え、充分に支払える場合にカードを利用しましょう。

・カード利用代金の支払い方法

クレジットカードの利用代金の支払いには、利用者が自分の都合に合わせてその方法を選択することができます。通常の一括払い(1回払い)以外にも、二回に分けて払うことができる2回払い、ボーナス一括払い(通常8月と12月の支払日に一括で支払う方法)、さらに分割払いや毎月一定金額を支払い、限度額の範囲内で繰り返し利用できるリボルビング払いなどがあります。

自分の収入に合わせて、支払い方法を決定できますので利用者にとっての利便性は非常に高いのですが、分割払いやリボルビング払いには利息が付き、実際に利用した金額よりもトータルでは多くの金額を支払うことになります。
現金が無くてもスグに欲しいものを購入することはできますが、支払いの段取りを考えずにカードを利用するのは避けましょう。

・毎月の支払日は忘れずに

カード会社により、毎月、利用代金の支払日は定められています。その期日に遅れることのないように、銀行口座の残高は確認しておきましょう。
引落口座のある銀行により、引落のタイミングが違います。当日の早朝のところもあれば、当日の夕方のところもありますので、代金の引落日の前日までには、銀行口座残高を確認しておくのが無難です。

クレジットカードは、カード会社が利用者の支払い能力を信用して貸与しているものです。利用時には、自分の利用した代金の支払い方法と、支払日の把握をきっちりとしておきましょう。