クレジットカードを申し込み審査を通過すると、カードが発行される際には、カード会社が独自の基準で設定した、そのカードで利用可能な金額=利用可能枠が決められています。利用者は、その枠の金額を超えない範囲でカードを使うことができます。

・ショッピングの利用可能金額はどれぐらい?

各カード会社によりバラつきがあり、一概にはいえませんが、学生クレジットカードの場合、ショッピングでの利用可能枠として10万円~20万円に設定しているところが多いようです。但し、学生ですから親権者の同意がある場合と無い場合とでは、この利用可能枠の設定にかなり差があるようです。

・複数のカードを持っている場合の利用可能枠は?

単一のクレジットカードだけではなく、複数のカードを使用する場合は、枚数に比例して利用可能枠も多くなるのか?と思いがちですが、原則的に利用可能枠が変わるのではなく、全てのカードの合計利用額が利用可能枠の範囲で使用できます。
例えば、同じカード会社発行で、種類の違う2つのクレジットカードを作成した場合、最初の作成したカードの利用可能枠が10万円だったとして、2枚目に作成したカードの利用可能枠も10万円と設定されていたとします。それぞれ10万円まで利用できるように思えますが、実際には、2枚のカードの合計利用額が10万円まで利用できるということです。
また、違うカード会社で発行したとしても、クレジットカードを申し込んだ時点で、各カード会社は信用情報機関に照会し、与信調査を行って利用可能枠を設定しています。発行会社が違っても、2枚目のクレジットカードは、最初に作成したクレジットカードの利用可能枠よりも少ない金額に設定されるようになっています。